印鑑のことなら実印・銀行印の判子の価格情報専門店

 

印鑑の選び方や価格比較・・・ 新しい生活を始まるにあたって、はんこは必須アイテムです。最高級の実印や銀行印、シャチハタ、ゴム印までこのサイトでは、判子を準備するにあたっての必要な情報やノウハウをたっぷりお届けいたします。

 


 



■■ 複数の印鑑だからこそ、甘く考えてしまうリスク ■■

日本で生活していく上で、印鑑の種類は複数必要になることが多くあります。
なんでもいいわけではなく、実印には登録の要件がありますし、銀行印でも銀行によって受け付けられるものには決まりがあります。
銀行印 ケース

だからと言って、契約書などに押す場合に、その印鑑がなんなのかということは、押す本人しか分からなかったりします。
そこで印鑑にこの印鑑は実印だとか、銀行印だとか、テープなどで巻いてある人がいます。
こういった行為はとても危険な行為となりますが、あまり気がつかれていないことも多いのです。
もしも、家などに印鑑を管理保管している場合に、空き巣などの盗難にあったとします。
その場合に、一番最初に被害にあうのは、足がつきにくい現金ではあります。
その次に狙われるのは、現金と同等の価値があるようなものになってくるわけですが、通帳やカードなどもそのターゲットになります。


通帳の場合には、登録してある銀行印とセットにしてあれば、お金を下ろすことが可能になる可能性が高くなります。
当然住所や名前もわからなくてはなりませんが、そういった情報を手に入れた瞬間に、セキュリティ能力がなくなってしまうのです。
そこで、印鑑に何に使っている印鑑なのかが書かれていれば、確実に資産を失う可能性が高まってしまうのです。
今では通帳も副印票なども廃止され、外部からの印鑑の区別が困難なようにされてきてはいますが、こういった軽く考えている行為によって、大きなリスクを背負う結果になってしまうのです。