印鑑のことなら実印・銀行印の判子の価格情報専門店

 

印鑑の選び方や価格比較・・・ 新しい生活を始まるにあたって、はんこは必須アイテムです。最高級の実印や銀行印、シャチハタ、ゴム印までこのサイトでは、判子を準備するにあたっての必要な情報やノウハウをたっぷりお届けいたします。

 


 

 

朱肉付本牛皮判子ケース付実印銀行印セット

2本セットは実印・銀行印のはんこSET

会社設立セット

起業のハンコは会社設立印鑑SET

実印・銀行印・認印セット

セットで買えばお得な印鑑3本SET

カラーはんこ

カラーがきれいなマーブルはんこ

判子の最高峰のはんこは実印です

キャンぺーン銀行印・認印セット

銀行印と認印のSETです

印鑑の種類の中でも実印は印鑑登録しなければ意味がなく 日本に住んでいる限り、性別に関係なく判子は必要になります。
こういった決め事に反対される方がいますが、なくてはならないということは代えがたい事実でありますので、所持していなければ不都合なことが多数起きてしまいます。 印鑑トップ

そのため、実印なども住民票のある自治体に登録することは、成人であれば当然のようにしなければならないことのようです。
何か必要になった時に行動することでも対処できますが、どの印鑑を登録しようかということは大変迷いました。
印鑑登録に関しては、実印の種類を問わず登録ができるわけではありません。

サイズにも8mm以上で25mm以下の正方形に収まることなどの規定があるようですし、ゴム印など変形して印面が分からなくなるような判子などは、登録を断られるようです。
自分の印鑑であることを証明するアイテムですから、住民票に記載されている名前と同一でなければ意味がありません。

印影も読めないようなハンコでは登録はできなかったり、名前を図案化しすぎても、判別がつかなくなるために、できなかったりするわけですが、こういった細かい部分は、自治体の条例によって取り決めをしているため、場所によって違いが出てくるわけです。

実印の登録は、手間がかかりますし、自治体がもっと素早くすればなどとの批判も出たりしますが、証明をしていくためにはとても重要なことになってきます。 大事な印章だからこそ、時間もかかりますし、確認作業もしっかりしなければいけないのです。

即日発送で低価格の印鑑通販を行われる印鑑卸売市場で購入しました。

印鑑の低価格販売サイト

日本人の生活のかなで、印鑑というものは必須の道具と言えます。
日常生活で社印がなければ、何か書類など認証などにも困りますし、何かを受け取るときにも証明としてもサインをするのは一瞬で終わるはんこに比べて面倒なものです。

そんな手離せないものであるはんこですが、総じてシャチハタなどと呼ばれる場合があります。
シャチハタとは、実は会社名であり、スタンプのように押せる浸透印と呼ばれる種類のものが商品名となったために、現在のように名前が浸透していったわけです。

あまりに浸透しすぎて結果、どんなものでも判子であればシャチハタと呼ばれるほどにもなってきたわけです。
そのため場所を選ぶこともなく、簡単に押せる実印としてなくてはならないものとなってきたわけです。
改めて朱肉などの必要性がなく、もった瞬間に使いだせるわけで、時間に追われるビジネスシーンではとても重宝するものです。

以前であれば、こういったものはある程度決められた既製品しかなく、珍しい名字などの場合は探したとしてもなかなか手に入らないものでした。


現在ではオーダーメイドなどにも応じてもらえるようになり、名前だけではなくイラストなども銀行印にできるために使用範囲は無限に広がっていっているのです。

さらにはボールペンなどとのセットもあり、場所もとらないようにもなっているのです。
値段も安くインクなどの交換もできるエコロジーな部分もあることから、サインの文化である外国でもとても珍しいものとして購入する人も増えているのです。

 

●新着情報---
●オリジナル福袋!
[1/1]

印鑑・はんこ・シャチハタがいっぱいの福袋をご提供、10000円と5000円各100個の限定発売になります。新年が来るのが待ち遠しいあなたに是非福袋のはんこを!終了いたしました
  ●個人情報保護
はんこ通販.comではお客様のプライバシー保護を徹底し、よりご安心してお買い物をいただけるよう、個人情報保護を徹底して行っております。安心して判子をお買い求めください。
●シープホーン印鑑!
ヒマラヤ地方の羊の角から造られた、琥珀色の輝きが素晴らしいシープホーンの判子が実印・銀行印・認印に採用されました。この微妙な透明感は羊の角にしか再現できない印鑑です。
  ●日本ショッピング大賞
ショッピング大賞にて、最終選考まで残りました。お客様のご愛顧の賜物です。ありがとうございました。
●歳末印鑑キャンペーン 激安!![12/2]
本象牙・黒水牛の実印・認め印SETを特別価格でご提供いたします。バーゲンセールは一足早くからご提供します。
  ●ビッグイベント!
楽天にて、開催されたビッグイベントは大盛況のうちに終了いたします。ご参加ありがとうございました。
●NPO設立セット[2/1]
法人代表判子と共に、銀行口座開設等に役立つ法人銀行印、法人のお認め印として、色々な場面で役立つ角印をSETにした、NPO設立SETを特価価格にてご用意致しました。
  ●新聞に掲載!
売り上げランキングに掲載に挑戦しました。はんこの専門店では数店しか掲載されないアンケートに申し込みをしました。自慢の印鑑販売をアピールするのに絶好のチャンスです。はんこ通販.comをよろしくお願いします。
     
     

印鑑の種類と使用方法を考えて使う格安の印材 100円均一で販売している店などが増えてきた昨今、なんでも安価に手に入るようになってきました。




その結果、判子もとても安く手に入るようになってきたため、認印などにはこういった安価な印章が使われるようになってきたわけです。 ハンコの種類の中でも認印は、手彫りなどにこだわらず手に入りやすいもので使っていくということもあります。

そんな格安の印鑑ですが、ラクトなどで作られているものがほとんどで、 ラクトは牛乳やチーズに含まれているたんぱく質の一種です。

プラスチックの一種ではありますが、ある程度の強度もあるために実印の材料として使われているわけです。
安価なために、大量生産に向いており、100円均一などで販売されるようになったのです。
さらに印面は、機械で彫られています。

コンピュータで書体を決め、自動で彫っていく機械彫りは、印鑑を大量生産させるために最も向いている方法なのです。


ただし、こういった印鑑は耐久度としてはそれほど高いものではなく、長期の使用には向きません。 割れてしまうこともありますし、欠けてしまうこともあるわけです。

大量生産ですから、同じ印面も大量にあることから、実印などに使うことも基本的にはできません。 中には登録できる自治体もありますが、リスクは高くなるということを覚悟しなければいけません。

ですが、安価であることは消費者にとって大きな恩恵でもあります。
買い求めやすいものになるわけですから、使用方法や場面などを考えて、使っていきたいものでもあるのです。

●お知らせ---
「印鑑の用途はどんなふうに使うの!」、「印鑑作成は通常ではどのくらいで作ってくれるの?」等の印鑑・はんこ・実印のご相談はカスタマーサポートまで、もしくはお問い合せフォームよりお気軽にご相談下さいませ。
お電話でのカスタマーサポート受付及びメールの返信日は、土日・祝祭日を除く「10:00am-16:00pm」になっております。
※年中無休でこのホームページより掲載を承っております。